home

HIQについて

HIQ導入校

FAQ

お問い合わせ

会社概要

Copyright(C)Seyfert
Ltd.
All Rights Reserved.
HOME>HIQについて>Hairdressing

Hairdressing サロンワークのプロになる

HIQのHairdressingセクションで学ぶのは技術だけではありません。接客や受付、コミュニケーションなど、サロンワークに欠かせないさまざまなスキルも同時に学んでいきます。たとえばLEVEL.1は、サロンワークの経験がまったくない人でも美容のプロへと導く第一歩。美容学校生が在学中に学ぶことはもちろん、新入社員をアシスタントとして活躍できるレベルまで引き上げるための新人教育に最適です。

またLEVEL.2は、アシスタントの経験者がスタイリストデビューを果たすために必要な知識と技能を学んでいきます。稼げるトップスタイリストをめざすのはLEVEL.3。スタイリストとして活躍する美容師が、さらなるレベルアップに挑むコースです。さらに今後、LEVEL.3には世界の最新技術やサロン運営のノウハウを学ぶ新しい選択ユニットの開発を計画中。生涯、学びつづけるためのCPD(プロのための生涯学習)プログラムへと進化していきます。 

HIQ Hairdressing LEVELの説明

【Hairdressing LEVEL. 1】 必修: 6ユニット
サロンワークの基礎を学ぶLEVEL.1。お客さまをサロンにお迎えするためのスキルから、先輩スタイリストの仕事をアシストするさまざまな準備の方法を学びます。LEVEL.1はサロンワークのアシスタントを育てる基準です。

必修【G1】 サロンワークの安全と衛生について(初級)
必修【G2】 サロンの受付業務をアシストする
必修【G3】 同僚やお客さまとの良好な人間関係を構築する
必修【H1】 シャンプーとコンディショニング
必修【H5】 へアドレッシングサービスの準備とサロン内の整備
必修【H3】 パーマ、ストレートパーマ、ヘアカラーをアシストする

【Hairdressing LEVEL. 2】 必修: 8ユニット +選択: 1ユニット
サロンワークの実践スキルを学ぶLEVEL.2。お客さまとのコミュニケーションのためのスキル習得から、自らスタイリストとしてお客さまにさまざまなご提案をするために必要な技術の基礎を学びます。LEVEL.2はジュニア・スタイリストを育てる基準です。

必修【G1】サロンワークの安全と衛生について(中級)
必修【G5】お客さまに好印象を与える方法
必修【G7】お客さまへのアドバイスとコンサルテーション(中級)
必修【H6】ベーシックテクニックを使ったヘアカット
必修【H9】髪と頭皮のシャンプーとコンディショニング
必修【H10】基本的なスタイリングとフィニッシング
必修【H12】ベーシックテクニックを使ったパーマと中和
必修【H13】ベーシックテクニックを使ったカラーチェンジ
選択【G4】サロン受付業務のすべて
選択【G6】あたらしい商品、サービスを提供する
選択【G8】効果的な仕事の進め方
選択【H11】編み込みとエクステンション
選択【H18】スキャルプ(頭皮)マッサージテクニック

【Hairdressing LEVEL. 3】 必修: 4ユニット +選択: 5ユニット
LEVEL.3はトップスタイリストをめざす人のためにつくられています。多彩な技術を駆使して、つねにあたらしい提案をするためのスキルから、サロンビジネスに関わるマネジメントスキルまで、幅広い分野を学びます。

必修【G1】サロンワークの安全と衛生について(上級)
必修【G6】あたらしい商品、サービスを提供する(上級)
必修【G9】コンサルテーションの方法
必修【H27】カットによるヘアスタイルのバリエーション開発
選択【G10】顧客サービス向上のために
選択【G11】サロン経営の財務知識
選択【H23】エクステンション
選択【H24】クリエイティブなヘアドレッシング技術の向上
選択【H25】クリエイティブなヘアスタイリング技術の向上
選択【H26】ロングヘアのスタイリングテクニック
選択【H28】ヘアカラーの修正
選択【H29】多彩な技術を使ったパーマ
選択【H30】多彩な技術を使ったヘアカラー
選択【H32】プロモーション活動の企画と実施
選択【H33】アイロンテクニック
選択【BT20】インド式ヘッドマッサージテクニック
※ G ⇒ Generalユニット。一般的な知識を学び、スキルに昇華する。
※ H ⇒ Hairdressingユニット。美容に関わる技術のユニット。
※ BT ⇒ Beauty Theraphyユニット。メイク、ネイル、スパなどを含む技術ユニット。
PAGE TOP